歯科助手として地域に愛される歯医者に貢献する

地域密着型である歯医者は、その地域の人たちに愛されることで安定して患者を迎えることができるようになりますが、歯科医のスキルや丁寧な仕事、そしてカウンセリングに力を入れることは地域の人たちから信頼されるために必要なことです。同時に歯科助手の存在はとても大きなものであり、そのスタッフの働きが歯医者の評判に大きく影響していきます。

では歯科助手はどのような仕事をするのでしょうか。それは実に細かい仕事が多く雑務がたくさんあります。まずは室内の清掃ゴミ出し、これはしっかりやっておく必要があります。

汚れている歯医者はお客が離れていく原因になるので注意が必要になるのです。
その他、受付に入ることがあればにこやかに挨拶して対応すること、保険証や診察券などをチェックして案内すること、そして患者の治療が終われば、会計をすることや次回の予約の段取りをスムーズにすること、お大事にといった気遣いの言葉をかけて次回に気持ちよくまた来てもらうことはとても大切なことです。

歯科助手は接客業でもあるということを覚えていきたいものです。それ以外の仕事としては先生の補助としての仕事になりますが、必要になる器材を揃えることや、先生から持ってくるように言われたものを素早く持ってくることなどスピーディな動きをするととても喜ばれます。

歯科助手はその他片付けや洗浄などの仕事もあり、雑務はとても多いのですが、地域に愛される歯医者になるために笑顔で仕事ができればそれに貢献できます。