歯科助手の仕事や資格について

歯科助手という言葉を聞いたことがあるという方は多いと思いますが、具体的にはどのようなことを仕事としているのが歯科助手なのかというと、いまいちわからないという事もあるのではないかと思います。

一口に歯科助手にも様々な仕事があります。まず歯科医院に行くと一番に出迎えてくれるのが受付だと思いますが、そこにいるのが歯科助手です。受付で患者さんを誘導したり、予約などの電話を受けたり、会計をしたりといった業務を行っています。それ以外にも医療事務という大切な仕事もあります。

診療室の清掃や、治療に必要な器具の準備や後片付けなども歯科助手の仕事です。また、診察している医師に必要な用具を渡したりといった事もこなす必要があります。
このようなことから、歯科助手というのはお医者さんがスムーズに業務をこなせるようにサポートをする役目だということがわかるのではないかと思います。

歯科助手になるには実は特に必要な資格などはありません。しかし先に述べた通り医療事務の業務もありますし、医療機関特有の専門用語も飛び交っています。多少の知識がないと相当厳しい日々を送ることになりかねません。
資格を持つならここが良いかも

国家資格はありませんが民間の資格があるため、事前に勉強しておくということも兼ねてそれらを取得するという方が増えているようです。歯科助手の民間資格は通信教育などで勉強、取得することも可能なため、歯科助手になりたいと思うのならば検討してみるのも良いでしょう。